BLOG

アスパラ先生の土づくり

スタッフふるちぇです。
先日、アスパラ農家の
中屋農園さんに取材に伺いました。

中屋農園は札幌から車で3時間程の
蘭越町という場所にあり
別名えぞ富士と呼ばれるほど美しい羊蹄山や
ニセコの山々に囲まれた盆地に位置しています。

エーデルワイスファームと中屋さんの出会いは
今から10年以上前。

弊社NO.1人気のベーコンに合う
美味しいアスパラを探し求め、
とある有名ホテルシェフに
ご紹介いだたいたのがきっかけでした。

北海道のアスパラは全国的にも有名ですが
中屋さんのアスパラは特別美味しい。

それもそのはず。
中屋のおじいさまは「アスパラ先生」
と呼ばれる程、アスパラ農家のスペシャリストなのです。

毎年収穫前に中屋農園さんにお邪魔して
畑の様子を取材させていただいております。

今回は5/11にお伺いしたので
散った桜がアスパラのそばに降り積もっていました。

温室のアスパラは一足早く収穫されていました。
刈ったアスパラの茎から出る
甘い汁につられてアリが寄ってきます。

アスパラの美味しさの秘密は特別な土づくり。
畑を歩いていると、なぜか貝殻がたくさん落ちています。
実は「ほっちゃれ」と呼ばれる鮭の身や
ワカメ、ほたての貝殻を堆肥に混ぜこんでいるので
ふかふかで栄養豊富な土になるそうです。

そんな中屋さんのアスパラは
洞爺湖サミットでファーストレディたちが
ランチを楽しんだレストランでも使われるほど
一流シェフにも美味しさを認められています。

この時期は各取引先から
「いつごろ出荷できますか?」
と問い合わせが絶えないそう。

私たちの取材中も地元の方から
「アスパラ4キロ予約お願いね~」
と声をかけられていました。

収穫量が決まっているので
お断りすることも多々あるそうなのですが
エーデルワイスファームには特別に譲っていただいております。

中屋のおじいさまにもお会いすることができました。
アスパラの時期は毎日のように畑に出て
仕事をされるそうで、重機もバリバリ乗りこなします。

サブソイラーという機械で
普通はやらない、というよりできない場所も
アスパラを傷つけることなく土を耕していくそうです。
土に空気を含ませることで元気なアスパラが育ちます。

現在、中屋のおじいさま、娘様、お孫様の三世代で
真心こめてアスパラをつくられています。

取材中何度も
「喜んでくれるお客様のために」
「中屋さんのアスパラは美味しいと
言ってくれるお客様がいるから」
とおっしゃっていたのが印象的でした。

中屋さんの愛情がたっぷりつまったアスパラと
ファームこだわりのベーコンを
ぜひ一緒にお楽しみくださいませ。

—————————————————————–
アスパラベーコンセット2018特設ページ
https://www.someplace-else.com/fs/edel/c/aspara/#2018asp

お手頃価格!アスパラベーコンセットA(スライスタイプ)
https://www.someplace-else.com/fs/edel/aspara/as18b-a

お手頃価格!アスパラベーコンセットB(ブロックタイプ)
https://www.someplace-else.com/fs/edel/aspara/as18b-b

ボリューム満点!アスパラファームセットA(スライスタイプ)
https://www.someplace-else.com/fs/edel/aspara/as18f-a

ボリューム満点!アスパラファームセットB(ブロックタイプ)
https://www.someplace-else.com/fs/edel/aspara/as18f-b

特大ベーコン650g&アスパラセット
https://www.someplace-else.com/fs/edel/aspara/as18-big

アスパラセットをご注文された方限定!貴重なムラサキアスパラ
https://www.someplace-else.com/fs/edel/aspara/as18-p
—————————————————————–

※鮮度の良いアスパラをお届けしたいので
通常の宅急便ではなく、道外へは航空便にて翌日のお届けとなります。
そのため通常送料に追加料金がかかりますことご了承願います。
ぜひ採れたての味をお楽しみください。

関連記事一覧

PAGE TOP