BLOG

7月のファームは小さなバラ園♪

こんにちは、スタッフふるちぇです^^

エーデルワイスファームは、来てくださった方に喜んでもらいたい、
という会長の想いから、さまざまな種類のバラをはじめ
色とりどりのお花に彩られています。

私も毎朝「きれいだな~」と眺めていたのですが、
この素晴らしい景色を皆様にもお届けしたい!
お花の種類を聞かれたら、少しは答えられるようになりたい!
という想いで、チューリップとバラくらいしか知らなかった
ふるちぇが、お勉強しながら写真を撮ってきました。

首からカメラをぶら下げ、メモを小脇にはさみながら
会長と一緒にお花の前へ。

小さなバラ園へようこそ♪

ほとんどが聞きなれない、英語やイタリア語?
で聞き返しながらメモしていると、
急に「はごろも」と聞こえたので
「羽衣!?」と聞き返すと、本当に「羽衣」というバラでした。

初めて出会った日本名のバラ、
忘れることはないでしょう。

ふるちぇは本当にお花初心者なので、
会長の話を聞いてると、初めて知ることばっかり!

「このお花はクロッカスローズという名前で、
デビットオースチンがつくったバラ。
いわゆるイングリッシュローズね。」

イングリッシュローズ!!
私の好きなエドシーランの曲と同じ名前!

デビットオースチンが作出したバラの総称を
イングリッシュローズと呼ぶそうです^^

あのイングリッシュローズは
このイングリッシュローズだったんだぁ…
こうやってひとつずつ覚えていくのは楽しいですね♪

「クロッカスローズの隣にあるのがパットオースチン。
デビットオースチンが奥さんの名前をつけたんだよ。」

なんて素敵なストーリーのあるお花なんでしょう。
こちらも1回で覚えちゃいました。
早く誰かに「このお花はなんて名前なの?」
と聞かれて、自慢げに説明したいです(笑)

続きまして「バリエガタ ディ ボローニャ」

舌を噛みそうな名前ですが、
赤と白のマーブルが印象的なバラですね。

こちらの真っ白なバラは「アイスバーグ」

虫さんがお食事中ですね。

写真を撮っていると、思わず
「かわいいっ」「きれいっ」と声が出してしまいます。
でも自分の思った通りに撮るのはとても難しいですね。

実際に見ていただくのが一番です!
北広島に来る機会があったら、
ぜひお立ち寄りくださいね^^

他にもまだまだご紹介したいお花が
たっくさ~んございます!

また次回の更新をお楽しみに^0^/

関連記事一覧

PAGE TOP