北海道で80年以上も前から作り楽しまれてきたハムベーコンを一流シェフの要請により製品化。阪急うめだ店や高島屋の催事でも毎回大好評を頂く逸品です。

  • 011-377-6656
    問合せ、ご相談は
お中元ギフトにオススメ!阪急うめだ店や高島屋の催事でも毎回大好評を頂くハム・ベーコンです

『本当に美味しいね』その一言が聞きたくて

今から30年ほど前の1986年秋、50年以上自家用として作り楽しんできたハムやベーコンを一流シェフの要請によって製品化しました。
「全国各地、本当に美味しいハムベーコンを探したけど見つからなかった。
まさかこんな美味しいハムベーコンが今でもあるとは。ぜひ、製品化してほしい」と。
本場ドイツでも失われた古典的製法(自然熟成&薪炭火仕上げ)と旨みが増す長期氷温熟成により、脂身さえも美味しく変化します。
母の日・父の日・お中元やご結婚の内祝いなど、贈り物としても是非ご利用ください。

お中元特集2019 極上ハム・ベーコン・ソーセージギフト

お中元特集2019 極上ハム・ベーコン・ソーセージギフト

本物の美味しさを求め続けて80年ー.
昭和の初め、北海道の牧場で家族のために始めたハム造り。
喜ぶ笑顔が見たいから、更に美味しく造りたい。
お中元などの夏の贈り物に、エーデルワイスファームのハム・ベーコンギフトはいかがですか?
大切な方に、特別な贈り物を真心こめてお届け致します。

「今まで食べたハムベーコンの中で、一番美味しかった」 という言葉が続々

エーデルワイスファームの歴史の始まりは、80年程前まで遡ります。
自家用に牛乳や豚肉の加工をしたり、自家製のパンやクッキーなどを作り 牧場生活を楽しんでいましたが、噂を聞きつけたホテルシェフから頼まれ 製品化する事に。
今でも「家族で生活を楽しみながら美味しいものを作りたい」という 基本姿勢は全く変わりません。 「美味しい・安全・安心」今でもこの原点に立ち返り、昔ながらの 製法を守りながら、長年の経験から得た独自の技術を組み合わせ、さらなる美味しさを追求し続けています。

夏季限定!極上グルメギフトもご用意

希少な約140年前の国産ビールの原点である「札幌開拓使麦酒」とファーム製品を組み合わせたビールギフトの他、バーべキューにピッタリのアイテムをチョイスしたギフトなど、夏季限定のグルメギフトをご紹介しております!
【受付は8/9(金)まで】

のし紙・メッセージカードなどのサービスも充実

ギフトをご利用の客様には、用途に合わせて無料で各種のし紙をお付けしております。短冊もございます。
また、季節や用途に合わせたメッセージカードも無料でご用意しております。お手紙やお写真も一緒にお入れすることができますので、ぜひご利用ください。

北海道で最古の日本人によるハムづくり~北海道に憧れ移り住んだ偉人(奇人?)達のお話

1920年初頭 当時の札幌農学校(現北大)の寮歌「山と自然と動物を愛して」に憧れ、横浜から移り住んだある男が始めたカントリーライフ。
その男の世界観に憧れ、嫁いできた女性と友。(コンテンツは逐次更新していきます)

ノザキのコンビーフの「野崎産業北海道農場」として始まった歴史

ノザキのコンビーフの「野崎産業北海道農場」として始まった歴史

昭和生まれにとって、「コンビーフ」と言えば「ノザキ」と言われるほど、馴染みの深いブランド。セスナの総代理店などもしていた横浜の貿易商「野崎産業」の創業者の5男として生まれた先々代は、スローフード・スローライフを楽しむべく親の会社をスポンサーに広尾村に牧場を始めたのでした。

ニシン漁で財を成した青山家の娘との出会い

ニシン漁で財を成した青山家の娘との出会い

ニシン漁で明治大正時代に鰊漁で巨万の富を築き上げた青山家が山形県酒田市にある本間邸に魅せられ大正六年から六年半余りの歳月をかけ建てた別荘が小樽祝津にある旧青山別邸。
その娘である寿美を伴侶として迎え、仲間たちとカントリーライフの食文化を楽しむために、広尾村に移り住んだのでした。

山岳画家「坂本直行」氏が憧れた牧場生活

山岳画家「坂本直行」氏が憧れた牧場生活

六花亭の包装紙のデザインでも有名な山岳画家坂本直行氏。坂本龍馬の末裔でもあられました。彼は1930年に日高の麓、十勝国広尾村の原野で牧場経営する野崎健之助に憧れて、同地に赴き、独立するまで、牧場生活の苦楽を共にしました。
当時の牧場生活の様子を「山・原野・牧場―ある牧場の生活」という著書で紹介しております。ハム・ソーセージづくりについても書かれてあります。

毎月ハム・ベーコンが楽しめる!初夏の特別頒布会承り中です

エーデルワイスファームの人気商品ハム・ベーコンをはじめ、限定も毎月楽しめる12ヶ月特別頒布会♪
会員様募集中です!

ご案内

物産展出店情報から、メディア紹介、スタッフブログ、社長ブログなどご覧になれます

社長ブログ

食と農業と観光を楽しみながら盛り上げたいと奮闘してる社長ブログです

最新記事