新施設「Piccola Foresta」(ピッコラフォレスタ)誕生へ向けて動き始めます!※イタリア語で小さな森

いつもご愛顧頂き、誠にありがとうございます。

エーデルワイスファームがハムベーコン作りを始めて90年を迎えるのにあたり「ハムベーコン専門店」として今夏大幅リニューアルすることになりました。
オープンは6月末~7月初めを予定。(エーデルワイスファーム直売店という店舗名もそれに伴い終了)

それに伴い、4月4日(月)から工事が始まります。
まずは現直売店を取り壊し、その後、カフェ施設のあったゲストハウスも取り壊されることに。
直売店は一時的に工場側で仮運営となりご不便もおかけすることもあるかと思いますが、ご容赦願います。
(3月末より移設に伴う作業も行い始めております。併せてご容赦ください)

1.『ハムベーコンを製造するエーデルワイスファーム』
ここでしか買えない商品の提供と販売。

2.「ハムベーコンにあうベーカリーショップ」
(店舗名:SomeL)
千葉の超人気店Zopfや札幌や旭川の名店で修業を重ねたブーランジェたちが織りなすパン作り

3.「ハムベーコンをより美味しく楽しめるレストラン」
(店舗名:シエル)
北海道の食の名匠が監修する料理メニューが登場予定。
星付きハムベーコンを活かした食事が楽しめます。

4.「ハムベーコンにあうチーズショップ」
(テナント入店)
札幌の人気チーズショップが出店。道内外の美味しいチーズを提供していきます。


5.「ハムベーコンにもあうワイン販売とワインづくり」

(ブランド名:Frontier Valley)
昨年秋に2200本ものぶどうを植樹。更に増やし、景観づくりにも寄与してまいります。
ワイン販売担当部として、道内外のワイン販売も行います。

※店主より
何度と訪れたイタリアを始め、フランス、スペインで、現地の人たちとも交流しすっかり魅了されました。あんな素敵な世界の中で、ゆっくりと時間を過ごせるような空間づくりをしてみたいと思うようになり、アグリツーリズモを中心とした食と農業と観光を北海道で強く推し進めるべきだと、2015年の初訪問以来、多くの農業や観光関係の友人や農水省の農泊担当者はじめ、内外に語り続けてきました。

そんな私が田舎で楽しめる食環境づくりとして思い描いていたのが、ヨーロッパ各地を訪問した際に各地にあった小さな食の専門店。
不思議とハムもあれば、チーズも売っていて、更にパンも作られたり、ワインなどのお酒も販売されてたりというようなお店が数多くあったのです。

そんな環境をまずは小さくてもいいから始めよう。それが今回のひとつの始まりです。


6.「ハムベーコン&肉好きのためのグランピング施設」が登場!(1日2組限定)
フロンティア・ヴァレーのブドウ畑との間に、キャンピングトレーラーの最高峰と呼ばれるエアストリームを設置。
自らベーコンなどの燻製をして頂き、オリジナルベーコン作りを体験。
平日は工場の中に白衣を着て見学や出来立ての製品の試食なども。
趣味がアウトドアで、天皇陛下や総理大臣などを政府専用機内で接遇していたものがアテンド担当。
熟成肉などのBBQメニューと併せて、提携先農家の野菜と共に楽しんでもらい、
夜にはファイアーピットなどで楽しんでもらう機会も。


7.ランドスケープ
道内各地の景観整備を手掛けてきたガーデナーに依頼。小さな農園施設内に四季を感じられるような果樹や樹木、草花を植え、少しでもくつろげる場づくりを整備していきます。

8.様々なイベントも行っていきます。
例えば、サタデーディナークルーズ。夜間営業を行わないレストランスペースを解放。
週末金曜夕方または土曜夕方より、四季折々の風景を楽しめる中で、
道内外の人気シェフ達を招いて、ここフロンティア・ヴァレーで鍋を振って頂く機会づくりも。
他にも道外で大変な人気を誇っているラムバサダー達による料理イベントも。

「体験」というコンテンツも加え、よりファンが楽しめるコトもお届けしていきます。

歴史が育んだ美味しさと併せて。